【令和2年】40代男性がおススメ勧めする何度も楽しめる漫画5選

雨の日に仕事を休んで、コーヒーとビックリマンチョコを片手に漫画を読むのが人生で最も至福な時間なまるぞうです。

早くも令和元年が終わってしまいましたね。1979年生まれの私は2月でとうとうバカボンのパパの年齢41歳を迎えます。

そんな、何よりも漫画好きの私が令和元年度に読んだ中から、男性に絶対に読んでほしい漫画を絞りに絞って5つピックアップしました。

ちなみに毎回欠かさず見ている長く連載している人気漫画は今回は外しています。私の場合、「キングダム」「進撃の巨人」「鬼滅の刃」などがそれにあたりますね。

では行きましょう!

一日外出録 ハンチョウ

1日外出録ハンチョウ

福本伸行先生の超人気漫画「賭博黙示録 カイジ」のスピンオフ漫画です。

カイジに出てくる 帝愛グループの地下王国のE班担当 の班長である「大槻太郎班長」の物語です。

本筋であるカイジでは、地下労働者を食い物にする頭の切れる腹黒いキャラクターとして登場する。ので、いわゆる悪役キャラの嫌な男です。

しかし、「ハンチョウ」では、得意のイカサマサイコロを使って稼いだペリカ(地下通貨)を使って引き換えた「一日外出券」を使い、地上に出て一日を楽しむ物語です。

おススメポイント

  • 大槻班長の思考回路が論理的すぎる
  • 私たちの日々の生活とリンクしていて共感度合がハンパない

大槻班長の思考回路が論理的すぎる

大槻班長の一日の動きには一切の無駄がありません。一日がすべて計画立てられているのです。食べるモノ、食べる場所、そして食べるタイミング。

ただ一つの行動を起こすにしても、それを全力で楽しむにはどうするかを常に考える大槻班長の思考力には、私たち読者では予想すらできません。

1巻で一日の最初に立ち食いそば屋に入るのですが、通常では考えられない大槻班長の思考に、一瞬でこの漫画の面白さを感じました。

私たちの日々の生活とリンクしていて共感度合がハンパない

筋トレをする、ビジネスホテルに泊まる、お祭りを楽しむ、風邪を治すなど、商工会主催のご当地グルメを食べる、坂本竜馬になりきってみる、など、どこか日常で行うことばかりで、共感できる内容が詰まっています。

私は特に、ブルボンドラフトの会が最高に好きです。もう5回以上見てます。

補足 実は子供も楽しめる奥深さ

この漫画の主人公、大槻班長の年齢は50歳ぐらいだと思われます。なので、それぐらいのサラリーマンが共感できる消費行動が多いです。例えば、サウナでゆっくりしてビールを飲むとか、学生時代によく食べた定食屋を訪れるとか。

なので、30代~50代の男性読者がターゲットかなと思ったのですが、先日、小学6年生の息子に読ませたところ、大ハマりして、スマホで全六巻を一気に読んでしまいました。

そんな息子は声に出してゲラゲラ笑い、何がそんなに面白いのか聞いてみると、サブキャラクターである沼川や石和、黒服の宮本とのやり取りがめちゃくちゃ面白いとのこと。

お母さんは全く理解できなかったようですが。

彼方のアストラ

彼方のアストラ【全5巻】

マンガ大賞2019の大賞作品。私もその少し前の2017年に「次に来るマンガ大賞」に取り上げられていて、気になってRentaで購入。5巻完結だったので一気読み。

内容は、SFアドベンチャー。少年少女が宇宙船に乗っての惑星を旅する物語。

おススメポイント

  • 5巻完結という短いストーリーの中の濃密すぎる内容
  • 宇宙を旅することになった真相と最後の結末

5巻完結という短いストーリーの中の濃密すぎる内容

一気に読んでしまう短いストーリーですが、一瞬で引き込まれます。その理由は最初の「宇宙へ出ることになったきっかけ」を1巻から5巻の最後まで関連付けて、「なぜ」「どうして」という気持ちをもって読ませるからだと思います。

また、少年少女のキャラが堅物だったり、圧倒的なリーダーだったり、天然キャラだったり、ツンデレ、王子様、おとなしい、ジェンダー、クールキャラなどそれぞれが個性的で、みんなが主人公のようです。

だから、みんな無事でいてほしい思いが強くてピンチの時はとにかくハラハラします。誰一人死なないで!って感じですね。

これを5巻でまとめ上げるのは、とにかくすごい!!一瞬たりとも見逃せないとは正にこの漫画のことを言うのでしょう。

宇宙を旅することになった真相と最後の結末

とにかく、この漫画の真相と結末を考えた作者はすごい!

これ以上は言いません。ぜひご覧になってください。

補足 遡って確認したくなる漫画です

進撃の巨人などのように、読んでいくと前半の謎が解けていくような、じっくりと何度も読みたくなる漫画です。それを5巻で表現してしまうのはすごいの一言。

創生のタイガ

創世のタイガ

ホーリーランドや自殺島、ワンネスなどの作品を持つ森恒二先生の作品。こちらも現代の若者が原始時代へスリップしてしまうSF作品です。

次の巻が出るまでに半年ほどかかるのが残念。もっと早く読みたいです!

おススメポイント

  • 時代背景や人々の暮らしがしっかりと説明されている点
  • 主人公の戦うカッコよさとヒロインが魅力的

時代背景や人々の暮らしがしっかりと説明されている点

原始時代にタイムスリップするストーリーで、その時代の暮らしや道具の使い方など、まるで歴史の教科書で学んでいるかのように、しっかり描かれ説明されているので、特にしっかり読みたい男性読者にピッタリかと思います。

私は森先生のそういう描写や説明が好きで、過去の自殺島やホーリーランドも読んでいますが、同様に、物事に対しての説明が興味深く、じっくりと読んでしまう作品ばかりです。

主人公の戦うカッコよさとヒロインが魅力的

過去の作品もそうですが、主人公の強さに痺れます。といってもこの作品の主人公タイガは、現実世界では特に目的もなく毎日を過ごし、生き方を迷っているようでした。

それが原始時代にきて、「生き抜くこと」に生の喜びを全身で感じるようになります。そんな全力で生き抜く主人公がどうなっていくのか楽しみです。

補足 生きる意味を感じさせる作品

森 先生の作品は、どれも「生きる意味」を考えさせられる作品が多いです。なので、読んでいるうちに少し元気が出るというか、目的もなく生きる主人公が変わっていく様に自分を重ねてしまうのです。

そう考えると、この作品は30代以上の男性におススメの作品だと言えるでしょうか。

GE ~グッドエンディング~

GE~グッドエンディング~【全16巻】

40歳のおっさんが高校生の恋愛に涙した漫画。最後まで切なさの続く恋愛漫画。おっさんが言ってて気持ち悪いが、本当に涙します。

私も高校生に戻れるなら、ヒロインの黒川愛さんとお付き合いしたい。一生大切にします!

主人公が恋愛漫画にありがちな優柔不断ではっきりしない男なんですが、そんな男どもを圧倒するほどの、女性陣の素晴らしさに注目です。

おススメポイント

  • とにかく女性の描写が綺麗でみんな美人!
  • 完全に感情移入して高校生気分に戻ります。

とにかく女性の描写が綺麗でみんな美人!

出てくる女性がみんな美人です。そして、この中だと誰でもいいけど、やっぱり愛ちゃんかな!と40歳のおっさんが恋愛ゲームの世界に入ってしまったかのような錯覚に陥ります。

陥っている間はとっても楽しい。ただ本を読み終わって現実に戻った時の落差で少し悲しくなります。苦笑

完全に感情移入して高校生気分に戻ります。

これほんとに高校生にタイムスリップします。私は高校時代は理系のクラスを選んでしまって9割5分男子が占める教室だったのですが、100%過去に戻って文系クラスを選んでやり直したくなります。

いや、商業高校を選んで女子に囲まれながら、漫画のような恋愛を繰り広げたい。

補足 ドメスティックな彼女もおススメです

作者の流石景さんは女性のエロティックな描写が上手く、どの漫画にも反映されています。グッドエンディングはすでに完結している漫画ですが、「ドメスティックな彼女」は現在連載中の漫画で、グッドエンディング同様おススメです。

ドメスティックな彼女の方が話の内容は複雑です。個人的にはグッドエンディングの方が好きなのでそちらを紹介しましたが、こちらもぜひ読んでほしい作品です。

どちらもセクシー描写ありで男性読者には本音はやっぱりうれしいです。

東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ 連載中

たまたまRentaでおススメに出てて読んでみた作品。新宿スワンの和久井健先生の作品です。確か新宿スワンを読んでいたのは、大学生ぐらいだっただろうか。

こういうタッチの絵が好きで、東京卍リベンジャーズを読んで、気づいたら「新宿スワン書いている人だ!」って気づきました。

人生をダラダラと生きてきた男性が主人公です。ある日、中学生の同級生が死亡したニュースを見たことがきっかけで話が始まります。

あることをきっかけに主人公が中学時代へタイムスリップします。そこで主人公は東京卍会という中学生で結成された喧嘩チームに出会います。

そこから、未来の同級生の死を阻止するために、タイムスリップした主人公の奮闘が始まります。

3つ目に紹介した創生のタイガに続いてのタイムスリップものになりました。狙ったつもりはなかったのですが、タイムスリップして未来を書き換える願望があるのかもしれませんw

おススメポイント

  • 不良マンガが好きな人にはおススメです
  • タイムスリップで未来を変えられるという面白さ

不良マンガが好きな人にはおススメです

新宿スワンが好きな人ならハマると思います。私はもうアラフォーなんですが、少年時代のヤンキーものはいつまで経っても気になります。

特攻の拓、湘南純愛組、カメレオンなど。あそこまでバリバリのヤンキー漫画ではなくて、この漫画はちょっとオシャレな感じがあります。オシャレな不良です。

グループのトップがめちゃめちゃ美男子でか細い少年みたいな。あと、タイムスリップする漫画なので、少年時代は学校の不良グループ、大人になったら半グレ集団みたいに、進化?しているところも見どころです。

私自身が全く縁のなかった世界に、漫画を通して体験してみたいのかもしれません。

タイムスリップで未来を変えられるという面白さ

思い出しました。不良モノのタイムスリップもので大好きな漫画がありました。「代紋TAKE2」って奴です。

未来を知っている主人公が、過去で昔と異なる行動をとることで未来が変わるってやつです。


「代紋TAKE2」 はヤクザの世界を描いた漫画でした。そして、東京卍リベンジャーズは少年時代の喧嘩チーム、大人になってからの半グレ集団の世界を描いた漫画です。

色々と未来が変わっていく様がとにかく面白いです。先が読めないドキドキ感に、次の巻が待ちきれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です